メルカリで「エラーが発生しました」の種類や対処方法など徹底解説!

※アフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載している場合があります。

エラー

メルカリを利用していると、時折「エラー」が発生することがあります。

出先でエラーが出たらめんどくさいですよね。場合によってはすぐに解決できないこともあります。

では、メルカリでエラーが出た時って一体どうすればいいのでしょうか?

本記事ではメルカリで起こるエラーについて、どのようなものがあるかや対処方法・するべきことを解説しています。

是非参考にしてください。

メルカリのエラーにはどんなものがあるの?

はてな

まずは、メルカリでどのようなエラーが起こるか解説していきます。

実際に起こったものを紹介しますので、参考にしてください。

発送できないエラー

エラー

過去メルカリでは「発送できないエラー」が発生したことがあります。

わざわざコンビニや郵便局まで行ったのに、このエラーのせいで家に逆戻りしたユーザーもいるでしょう。

非常に迷惑なエラーと言わざるを得ませんね。

購入された商品画面が表示されないエラー

過去メルカリでは「購入された商品画面が表示されないエラー」が発生したことがありました。

売れた商品を確認するために、一度商品画面を確認するユーザーもいるので、地味に嫌なエラーですね。

取引画面が開けないエラー

ブロック

過去メルカリでは「取引画面が開けないエラー」が発生したことがありました。

取引画面が開けないという事は、メッセージも送れないし発送通知も遅れないのでかなり致命的なエラーですよね。

今後起こらないことを祈るばかりです。

出品した商品の編集が出来ないエラー

エラー

過去メルカリでは「出品した商品の編集が出来ないエラー」が発生したことがありました。

どのようなエラーだったのか詳しくはわかりませんが、恐らく値段も変更できなかったでしょうから、本意でない値段を設定した後編集できなくなりトラブルになったというケースは用意に想像がつきます。

出品後に商品の不備を見つけても記載できないので、これも致命的なエラーですね。

メルカリ便で発送する際バーコードが表示されないエラー

キャッシュレス決済

過去メルカリでは「メルカリ便で発送する際バーコードが表示されないエラー」が発生したことがありました。

出先でこれが起こったら感情のやり場に困ってしまいそうですね。

メルカリ便は様々な商品を送るのに便利ですので、今後特に起こってほしくないエラーです。

メルカリでエラーが発生した時の文章

困っているビジネスマン

続いて、メルカリでエラーが発生した時の文章について紹介します。

具体的には以下の文章が表示されるでしょう。

  • エラーが発生しました
  • データを取得できませんでした。再読み込みしてください

一度は見たことがあるかもしれませんね。

メルカリでエラーが発生した時にするべきこと

ポイント

続いて、メルカリでエラーが発生した時にするべきことについて解説します。

是非参考にしてください。

公式サイトを確認する

パソコンを使う人

メルカリでエラーが発生したら、まずは「公式サイト」を確認しましょう。

具体的には以下のサイトを確認するといいです。

  • アプリ内の「お知らせ」
  • 公式Xアカウント
  • 公式ブログ「メルカリびより」

メルカリのエラーがシステム障害など、運営側の問題であれば、これらのサイト・お知らせに障害情報が掲載されている場合があります。

エラーが発生したら、まずは公式の情報を確認するようにしましょう。

Xのユーザー投稿を確認する

スマホをいじっている人

メルカリでエラーが発生したら、Xのユーザー情報を確認するのも一つの手です。

もしシステム的な障害であれば、多くの人が同様のエラーをXで投稿している可能性が高いです。

一方、Xでエラー報告がユーザーからされていない場合は、自分のみがエラーになっていると考えられます。

自身の機器が原因のエラーである可能性もあるので、一度再起動してみると解決するかもしれませんよ。

メルカリでエラーが発生した時の対処方法

メルカリでエラーが発生した時、運営側に原因があればこちらからできる対処方法はありません

時間が経って、運営が障害を直してくれるのを待つようにしましょう。

一方運営が関係のないエラーであれば、こちらで対処できる可能性があります。

インターネットを繋ぎなおしたり、端末の容量を減らしたりすると直る可能性がありますのでやってみて下さい。

メルカリでエラーが治らない時にすること

スマホを触る女子高生

続いて、メルカリでエラーが治らない時にすることを解説します。

こちらは、メルカリ公式で障害として報告が無い場合に行うべきことになります。

是非参考にしてくださいね。

スマホ・パソコンを再起動してみる

再起動

メルカリでエラーが治らない時にすることとして「スマホ・パソコンを再起動してみる」ことが挙げられます。

先ほども話した通り、メルカリのエラーには端末側に問題がある場合があります。

したがって、再起動をすることで解決できるケースもあるのです。

エラーが発生して困ったら、一度端末を再起動してみましょう。

電波の良い場所で再度通信をしてみる

Wi-Fi

メルカリでエラーが治らない時にすることとして「電波の良い場所で再度通信をしてみる」方法が挙げられます。

電波の悪いところでメルカリを利用していると、エラーが起こる可能性が高いです。

また、通信制限にかかっている場合でも同様に、エラーが起きやすくなります。

したがって、電波がよく通っている場所で通信したり、通信制限を解除してから通信してみることでエラーが解決する可能性があるでしょう。

トラブルシューティングを確認する

オペレーター トラブルシューティング

メルカリでエラーが治らない時にすることとして「トラブルシューティングを確認する」方法が挙げられます。

この方法は、自分の機器に問題がある可能性が高いときにするべきことです。

エラーが治らない場合は、iPhoneやAndroidで定められた方法でトラブルシューティングを試してみましょう。

トラブルシューティングを行うことで、問題が解決し正常にメルカリを利用できるようになる可能性があります

どうしても直らない場合はやってみてくださいね。

メルカリ事務局に報告する

報告

メルカリでエラーが治らない時にすることとして「メルカリ事務局に報告する」方法が挙げられます。

メルカリ事務局に報告することで、問題を調査してくれるため、解決できる可能性があります。

報告の場合は、以下の情報を一緒に添付すると良いでしょう。

  • エラーが発生した日時
  • 不具合の内容(具体的に)
  • エラーメッセージや画面の状況(スクショでも可能)
  • 通信環境によって変異はないか(データ通信・Wi-Fi通信で違いがあるかなど)
  • 商品情報(特定の相手・商品で起こる場合)

内容は出来るだけ具体的にまとめておくと、解決できる可能性が高まります。

メルカリ事務局への報告方法は、以下公式ページに書いていますので、是非参考にして下さい。

まとめ

本記事では、メルカリで起こるエラーについて、どのようなものがあるかや対処方法・するべきことを解説してきました。

エラーはいつ発生してもおかしくありません。そのため、エラーの種類や状況によって対処方法を見極めることが重要でした。

メルカリのエラーには、システム的なものもありますが、自身の端末が原因となるものもあります

しっかり状況を見極めて、適切な方法を取るようにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました